アーカイブ | 放送雑記 RSS feed for this section

ゲーム購入「タッチ」「田代」

6 4月

通販で中古のFCソフト購入しました。

Picture 20Picture 21

まずは田代のほうからやっていきます。お楽しみに。

ここのブログ4周年。配信と部屋事情について。

21 9月

wordpress.comにブログを移転してから4年が経ちました。そんな通知が公式からきました。

 ブログは一時期はライフワークのごとく書いていましたが、社会人になってからグンと量が減りましたね。1つの記事の文字の量も減りました。劣化なのか、読みやすくなったのか、どう思われているんでしょうか。

 前は改行はあんまりしなかったのに急に行間を空けるようにもなりました。悲しいこの変化は会社メールの癖です。いつまで経っても精神的には変わらないと思っていましたが、こういう場所で変化が見えてくるなんて面白いですね。やはり情報を発信するのはいいことです。じゃあ配信もやれよ!と言われそうですが、最近は行動することが面倒になってきています。その原因は何だろうと探ってみました。

 どうやら部屋の散らかり具合がひどいから動くのが嫌になるんでしょう。自分のスペースが無いというのは苦痛ですよね。学校、職場に自分の居場所がない時って何とかして抜け出すか、何もしないの2択になると思われます。俺は今回の場合「何もしない」、ゴッドフィールドでいうところの「祈る」以下の行動です。仕事が無いとっておきの休日がそれではさすがに辛いです。少しずつ収納家具を揃えて散らかったゴミや用品を整えています。すると、ほんのちょっと、わずかですが気持ちが晴れtきます。アグレッシブなオナニーもしやすくなります。友人を部屋に呼ぶこともできます。「好きなとこ座れよ」と言えちゃうんです。いいことですね。

 という身の回りの整理整頓が整うまで、配信は少しお休みです。風俗も行ってません。

待っている人がいるかはわかりませんが、配信を再開したときはノリノリで会いましょう。頼んますよ~?

picture-8

自分の過去放送を聞いてみた

9 6月

 自分で自分の放送を聴くというのはなんとも変な感じがします。と、最初の頃は思っていたものですが、今では普通に聴いてます。自分の声が一番落ち着いて聴いていられるんです。それに、自分が思っている事、求めているコメントを的確に言っているから自己満足してるんでしょうね。ところで、ねとらじをやっていた時は事前に話す内容を決めていたので結構な量を喋っていましたが、最近ではほとんどその場の思いつきの一言コメント程度の言葉しか発しません。なので、たまに過去の録音を聴いてみると、そのギャップが楽しめます。自分で自分を楽しませるという自給自足もなかなかいいんじゃないでしょうか。

 自分の放送の最後の放送は「お喋り+曲紹介」を2、3回やって最後に総まとめのコメントをして終了するというスタイルでした。他の人もやってたかもしれませんが、自分なりの軸を持っているというのはやりやすいし面白くなりやすいものです。今の自分のピアキャストでの内容ははっきりいってブレブレです。音だけじゃなくて動画も付いているから、できる事の幅が広がりすぎて収拾がつかなくなっています。雑談、動画鑑賞、部屋掃除、ゲームと、めちゃくちゃにやっています。しかも週に1回しかやっていないからますますイイカゲンな人って感じがするんじゃないでしょうか。

 そうなると、ねとらじの頃も良かったなと思えます。実際に良かったです。ただ、自分で他所にまで行って宣伝するのが面倒だったから人が多くて理解者が多そうなピアキャストに移りました。なので、また過去のような雑談ラジオみたいなやり方もありかなと考えています。それも、人をもっと呼び込めるようになってから挑戦してみましょう。今はピアキャストに慣れるところからでいきます。

面白いってどういうことでしょう?

5 5月

 たまに俺が「配信するからには面白いことをするべきだ」なんて書いたり言ったりしますが、それは配信する人にそういう意識をしてほしいなと思うからなんです。「偉そうなことを言うな」と思う人がかなりの人数のようですが、俺だってリスナーであって面白いモノを視聴したいんです。このリスナー的発想は誰もが持っているはずで、偶然配信者である俺が声を大きくしてわざとらしく言っているだけなんです。

 それじゃあ面白いことってどういうことなんだろうかと考えてしまうと、どうにもこうにも答えが出ないで唸るだけでしょう。じつはそんなものは具体的に考えるものじゃないってことは、もう皆さんご存知ですよね。面白さなんて個人によって違うのですから、せめて「俺の中ではこれが一番面白い!」と自信を持っていることを発表するだけでいいんです。スっと答えを出せない人というのは頭の中で考えたことが形になってなかったりするもので、そういう人の話っていうのは聞いていて「ふんふん、なるほど。」「こいつバカだなー」なんて感想すら出てこない、つまりつまらないのです。

 世界中の人が面白いと感じることなんてありっこないですよね。配信する上で、喋っていたらまず言語の縛りがでてきます。日本語で話していたら日本語を知っている人しか楽しめません。話している内容がスポーツだったらスポーツに興味が無い人が楽しむのは難しいでしょう。その上で話し方だったりテーマの選定センスだったりするのです。簡単に雑談といっても、かなりの少人数に的を絞って楽しませようとしているのです。

 

人を楽しませようとするに何が重要だと思いますか?

最近の配信内容報告と今のねとらじへの感想

1 5月

 最近はyoutubeで動画を見てコメントをつけるとというニコニコ動画みたいな配信をしています。以前のような雑談やゲームはあんまりしていません。このままただの「垂れ流しおじさん」になったらまずいな~と思っています。元々は「自分のセンスを見せ付けたい」みたいな気持ちで始めたものなので、ある程度は自分だけ何かをすることもしたいなと思っています。

 さて、ねとらじをやめてから数ヶ月経ちましたが、思った以上にピアキャストのほうが快適です。ピアキャストのリスナーの質が高いというわけではなく、ねとらじのリスナーと俺の感性があんまり合わないと感じたからです。あんまり悪口のつもりではないのですが、どうしてもあそこの人たちとは関わりにくいのです。全員がそうというわけではないのですが、明らかに年代や楽しみ方に差が出てしまうのですよ!

9g0EYq5
(ねるねるねるね20個TAの時。これを楽しんでくれるかどうかがピアキャストとねとらじの差だと思います。)

 今のねとらじは音楽垂れ流しが一番好きです。音楽だけはいつも変わらないテンションで楽しませてくれます。フォークソングライブや80年代歌謡曲が大好きでよく聴いています。たまに作業音として無線傍受放送をずっとつけていることもあります。一時期はトーク系しか聴いていなかったのですが、なんだか似通った話方の人が多かったり配信者が少ないせいで同じ人の名前を何回も見かけるようになってからは飽きてしまいました。「俺はこれに関してはめっちゃ話せる!」という武器を持っていたり、ある程度自分の意見をもってたり結論を出せる人の話は面白いのですが、いつまでもフワフワしたままの考え方で終わってしまう放送は嫌いです。リスナーを楽しませるための配信であって、友達作りをするためのツールではないのですよ。

紅白歌合戦で赤組が勝っちゃったら配信でリスナーに1万円放出する

30 12月

 今年の紅白歌合戦は絶対に白組が勝つと思うのですよ。もし赤組が勝ってしまったら、年明け最初の配信でWEBマネー1万円分(1000円を10個)をリスナーに放出します。どうせ白組が勝つに決まっていますよ。というわけで、よろしくー。

紅白歌合戦公式サイト:http://www1.nhk.or.jp/kouhaku/

USTREAM TOUCH&TRYに書いてあった配信論

26 8月

 Ustreamに限ったことではありませんが、「テレビの真似をすればするほど、つまらなくなる。」という内容でした。「本格的な」なんて付けている放送に同人ラジオとしての価値はあまり無く、まだ誰もやっていないだろうという事をやるべきなのです。テレビでやっていることが映像メディアの最高峰だと思ったら大間違いで、視聴率とかにとらわれない自由でへんてこりんな発想から生まれるものの中に価値があったりします。もしそれが評価されなくても、考え実行できたのならそれで良いと思います。そういう考え方の人が増えればうれしいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。