群馬に行ってきました(風俗の話)

28 6月

 群馬の草津に旅行に行ってきました。温泉街ということでちょんの間があるのではないかと期待して、部屋の先輩に別れを告げて旅館の周辺を散策することにしました。近くには湯畑という温泉が湧いている「温泉ターミナル」な場所があります。ここには常に観光客がいるので、ポン引きがいると感じました。が、それっぽい人は誰もいません。周辺にもそれらしい建物はありません。

なんて健全なんだ、けしからん!

 しばらく歩いていると地元民の饅頭屋のおっさんがいたので「どっか遊べるとこありませんか?」と聞いてみると「ん、女か!すぐそこのスナック○○で話を聞いてみな!」と教えてくれました。なるほど、連れ出しスナックねえ。行ってみると4人の客と1人のママ(デブ)がいました。とりあえず「ここ、他に遊べないの?」と言ってみると「あ、紹介できた!?」なんて返事をしてきます。どうやら当たりのようです。「でも今女の子いないのよね~ちょっとまっててね~」と、普段は女の子が数人いるようです。さすがにこのデブママが相手だったら嫌なのでまず一安心です。

 しかしここからが本当の恐怖の始まりだったのです。

 数分すると巨大な女が入店し、俺の隣に座ってきます。ん?まさかこいつが相手をするというのか?例えるならば「麗子立像」と「アーノルドシュワルツェネッガー」を合体させたような40代後半のババアだ。このババアがスナックの隣の建物に案内してくれて、入るとアパートのような部屋でした。そして寝室に入って俺は服を脱ぎます。ババアはまず俺のポコチンを立たせるために口を使おうとしたのですが、それは俺のプライドが許さなかったので「手でやってくれ!」と要求します。シコシコシコシコ・・・・・何分たってもたちません。なにしろ想像を絶する悪魔顔のババアの手コキなんですもの。目を瞑って得意の妄想をしてもまったく下半身が反応しません。「自分でやるから待ってて!」とオナニーを開始します。数十秒で勃起状態になりました(笑)。改めて相手の重要性を感じます。するとババアがゴムをかぶせて上に乗っかってきました。悲しいことに俺は性欲に負けてこのババアとつながってしまいました。しかも体の肉は醜く垂れているし肌が汚いのです。騎乗での腰使いがクソで、まるでテクを感じません。「サービスするよ。テクニックすごいから。」とか言っていたが、ゴミ以下ですね。しかも途中で腰が引けて俺の下半身に全体重をかけるなど、最悪な事故が連発しました。あまりにも酷いし気持ち悪いので途中で帰りました。

 こんなことに1万5000円も使ってしまったのだからディープな気分にもなりますな。

広告

コメント / トラックバック3件 to “群馬に行ってきました(風俗の話)”

  1. ウサ 2013年7月1日 @ 6:04 pm #

    さすがもらちゃん。俺の目に狂いはなかった。

    • morasuke 2013年7月3日 @ 7:42 pm #

      温泉地はババアばっかりってのは定説なんだね。俺の目が狂ってた。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 500円玉貯金で63枚たまりました | mora助のブログ - 2014年6月18日

    […] 去年の社員旅行の記事(「群馬に行ってきました(風俗の話)」) […]

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。