うちの研究室の創価学会員が勧誘してくる

13 2月

うちの研究室には1人の創価学会・学生部の幹部がいます。そいつ(以下、学会員)以外は研究室のメンバーは楽しげに喋る仲なのです。はっきり言って学会員は浮いています。先生からの評価は天下一品で悪いです。卒論が遅れているのに研究室に来ない学会員にキレた先生が「なんで君はこの前研究室に来なかったんだ!」と言われると「あの・・・・・宗教が忙しくて・・・・」とか返しちゃいます。おいおい、そんな時だけ宗教を理由にするのはズルイんじゃないか?というか言い訳の候補として「宗教が忙しい」って斬新ですね。学科内でも特に厳しい先生なので「その宗教の人たちは君の意思を無視して論文をやらせようとしないのか!?」と言うと「違います!そんなことはありません!私が甘いんです!」と突然大声で創価学会を擁護します。いやー、気合入っていますね。

と、まあ。ここまでなら根暗な人で済むのですが、とうとう勧誘までしてくるようになりました。ターゲットは共同研究をしているA君です。一緒に論文を書かないといけないので学会員はA君の家に行くのですが、なぜか聖教新聞を持ってくるのです。そして論文を書く前に「この記事がすごくいい事を書いているんだ。」とか「この池田先生の言葉がすばらしいんだ。」とか言ってくるんだそうです。しまいには「昔、池田先生がうちの大学に来たのが2月14日なんだ。だから、それと同じに卒業発表ができるなんて光栄だよ!」とか言ってたそうです。

ところで、学会員とA君は実験中に大問題を起こして学科に迷惑をかけたので、卒論発表のときに謝罪をします。そんな日が光栄だなんて、気合入りすぎですよ!イヤー怖い。本当に怖い。

広告

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。