R指定の種類と区分

13 11月

 最近「悪の経典 なぜr15」というワードでこのブログで来てくれる人がたくさんいます。まだ本編をみたことが無いのでその理由には答えられませんが、前から気になっていた年齢制限の種類と区分を調べてみました。

 まず前提知識として重要なのが「映画倫理委員会(映倫)」という団体です。この団体が映画に関する年齢制限を指定しています。その映倫が決めている年齢指定は下の4つです。

G     どなたでもご覧になれます
PG12  小学生には助言・指導が必要
R15+ 15歳以上がご覧になれます
R18+ 18歳以上がご覧になれます

R15と18は知っていましたが、GとPG12っていうのは初めて知りました。ギャルゲーだとたまに12歳以上っていうのがありますよね。ただ、どういう基準で区分しているのかはわかりませんでした。映倫の人はタダでいろんな最新映画をみれると思うとちょっといいなぁって思っちゃいます。仕事としてはつらそうですが。

広告

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。