残酷なゲームは日常をテーマにしたほうが面白い

6 11月

 GTAとかPOSTALなんかが有名な「残酷ゲーム」ですが、どちらかというろPOSTALのほうが好きです。その理由が日常的な雰囲気を感じられるからです。児童ポルノの規制なんかの時に言われたのは「規制すればするほど、実行する異常者が出てくる。」というものです。その理でいけば、もっとそういう作品を出しまくるべきですよ!

 俺が考えたのはテーマは「学校生活」です。悩める時期である中学高校の学校生活で自由に行動できるというものです。朝礼の時間に隣の列の女子に痴漢してみたり、火災報知機を鳴らしてみたり、朝の時間に先生来るまで寝てるフリをしながら世界征服する妄想をしてみたり、深夜の校舎に忍び込んで危険行為をしてみたりと自由度の高さと異常さが売りです。どうです、ほしくなったでしょう?

 最初にも書きましたが、規制するから欲求不満になるわけですよ。だから特殊な欲求を満たすための作品をどんどん作った方がいいかもしれないんですよ!大きい会社だと作れないかもしれないので、同人作品としてひっそり作って欲しいです。不謹慎ゲームなんかそのいい例なんでしょうね。特殊な欲求を満たせるし、変態犯罪も減って良い事ばかりですね!
 

 
放送で喋った時の録音

広告

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。