くにとりっ!初期購入のオススメと俺の戦略

4 1月

みんなー、くにとりっ!をやってるかい?
え、クソゲーだって?だからいいんじゃないか!今回は大好きなくにとりっ!についてちょっとだけ書いてみました!
基本版のみ
銅が4・2の場合
弓・新技術→最初からアクション数が増やせるのはとても強い。最初に相手と差を大きくつけられる。
銅が3・3の場合
銀・新技術→次回の手札で最高7コスになる。
銀・楽市→次回は金or銀が必ず取れる。時間はかかるがデッキがかさばらずに高効率をねらえる。
銀・銀→次回の最高コストは6だが、アクション数を消費せず、除外もしないので効率はまあまあ良い。
楽市・楽市→次回、村か銅を除外か、楽市を楽市で除外するという2つの選択肢が選べる腐らない2枚組。
「もっと内政カードを買えるじゃないか!」と思う人がいると思いますが、この2枚組みの特徴は内政カードが腐らない(アクション数不足が起きない)というところです。くにとりっ!が一部でクソゲー扱いされている理由として、最初に強いやつがずっと強いままで追いつけなるからです。もしこのゲームで勝ちたいのなら最初で失敗しないことが重要です。
 ここからは俺のいつもの戦術です。4・2スタートなら弓・新技術。それ以降は金、新技術を買います。そして鬼カード「天下の名城」をできるだけ(最低でも2枚)買います。金はデッキに残っているので、それで貿易などのドローソースと楽市楽座、アクション数を増やす軍団を買いあさります。
 次に武将を買いまくります。基本版の武将は能力が強いので内政カードとしても使えます。これで余計なカードを買わずに合戦に参加できます。他のプレイヤーが少し強くなってきたら作戦開始です。まず楽市楽座で武将や内政カードを国と郡にします。あとは残った金で国と郡を買います。ゲームが終盤になってきたら「名物茶器」「村」でできるだけ得点を伸ばします。
 

広告

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。