膝枕の店に行ってきた

3 10月

土曜に家を出たまま日曜日の夜まで建学祭の準備をしていました。夕食はインド人が経営しているカレー屋で豆が入ったカレーとナンをガツガツ食べました。そんで仲間とは解散して一人で電車で小田原まで来たわけですが、作業ばっかりで土日が潰されてしまった反動で遊びたくなりました。
小田原の駅前をふらふらしていて目に入るのがピンサロの客引きばかりでした。気分的にはバッチコイ、バッチコイなかんじでしたが、所持金が5500円とギリギリ足りないので諦めました。ふと思い出したのが膝枕の店でした。今年の4月にオープンした小田原としてはかなりレアな種類の店なので、気になっていました。
店の前でティッシュ配りをしていたメイドがいたので誘導してもらって入店。「今女の子を呼んできますので、しばらくお待ちください。」と風俗店みたいな事を言われて待合室のイスに座っていました。部屋中、フィギュアと写真とポスターでいっぱいです。「おまたせしましたー」と言って現れたのは紅緒みたいな服を着た和風メイドでした。顔は中川翔子に似てました。(俺は中川翔子が嫌いだけどこの人は別人だから許す。)さっそく個室へ向かい二人きりになります。部屋は屏風で二つに区切られていて、片方はゲーム機とテレビとソファー。もう片方は通常コース用の絨毯とかクッションとか。
やっとここからサービスタイムですよ!まず対面で座って、手をメイドの膝の上に(というか脚と脚の間の凹み)に置いてハンドマッサージ。少しヌルヌルして気持ちいいが、力が弱い。次は膝枕で耳かき。これも脚と脚の間の凹みに頭を乗せる。俺の耳は超合金だからもっとガリガリほじくってもらいたかった。ほじくり終わると片耳ごとに「フーッ」とされる(これは良かった)!次は耳マッサージ。耳たぶをフニフニしてもらうだけだが、これは気持ち良かった。最後にマッサージ。やはり力が弱いので気持ち良くはない。ここでサービス終了。
感想
普段女の子と話す機会が無い俺としては奇跡的な時間でした。そして膝枕をしてもらえるなんて最高です!しくわし、マッサージの専門店ではないのでレベルは期待してはいけません。
場所、小田原市 夢小町

広告

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。