レスゼロ放送を考える

27 9月

親鳥の気持ちさんの放送で時々「レスゼロ放送について考える」という話題が出てきます。
このブログで書いているような事をすごーーーーーーーーーくやわらかい表現で話している放送内容でした。
私がこういう事について意識するきっかけになった放送で、これを聴いてなかったら今よりも意識が低い放送になっていたでしょう。といっても人気はたいしてありませんが。
一時期、自分の放送でもレスゼロ放送について考える放送をしていました。
放送終了後にメールフォームを通して「こういうレスゼロ放送があった」というのが送られてくるようになりました。
その放送の特徴をまとめてみると
・持続力が無い
・間が空く
・話題が無い
・やる気が無い
・「レスこないなー」とか言う
といったかんじです。ある程度間が空くのはしょうがないかもしれませんが、放送において甘えは許されないのです・・・・・・(嘘)。また、ねとらじDJにありがちな勘違いとして、レスが来ないとヤバイとかいうのがあります。
レスなんて別にこなくてもいいじゃん  ^笑^
私が思うのは、面白くなくても放送としての形ができてないとダメだと思っています。
ねとらじは自由だからある程度先が見えない状態になることはあるけど、「えーと・・・どうしようか・・・・・」という状況になるのは危険です。
ノープランの雑談でもある程度は話題を持ってこれますが、放送の進行さえも迷う状況になると本物のgdgdラジオになってしまいます。

そんな状況になった時の対処方法を提案します!
「今やってる放送を切って次回の放送の流れを考える」
放送終了ボタンを押しましょう!

放送としての形を作ることが重要だとしたら、放送時間が短くても形にしてしまえばこれ以上マイナス要素が無くなるのではないでしょうか。

短い放送の流れが作れるようになったら長時間用の流れを想像できるようになれば、これでアナタも立派な放送者です。


バンドとかも一番盛り上がってる時に解散すると伝説になるように、放送はある程度盛り上がって「そろそろグダってくるかなー」と思った時にエンディングに入るとすごく面白い放送に感じませんか?

広告

コメント / トラックバック3件 to “レスゼロ放送を考える”

  1. 匿名 2009年9月28日 @ 11:59 am #

    admin: えす
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    イエローページから来ました。
    たしかに、レスは実際、こなくてもいいはず。
    なぜならプロのラジオDJ/パーソナリティはメールやはがきがなくてもトークや音楽をかけて毎週やってるし。
    ただ、コーナーをつくり、参加型にしていくことでより楽しさを倍増しているのも事実。
    このステップアップができれば文句なしだよね

  2. 匿名 2009年9月28日 @ 1:56 pm #

    admin: さな@武
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あたしも同感だな
    だからあたしは これ以上無理だな とか 
    話すことなくなった と思ったら 
    次の予約者がいなくてもバトン落とすよw

  3. 匿名 2009年9月29日 @ 8:47 pm #

    admin: コメント返信
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >えすさん
    すっかり忘れてた・・・・。参加型の放送は俺の目標の一つなんですわ。それなりに人がいないとできないんで、難しいです。
    >さな@武さん
    リレーラジオのことですね。時間を決めて放送してるわけだから、それを超えて放送するってことは未知の世界への突入ですよね。

コメントを残す(メールアドレスは書かなくてOKです!)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。